読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あこがれのネパールへ行ってきた 2日目

f:id:muuubin:20170320100712j:plain

 ↓まえのやつ 

muuubin.hatenablog.com

 

ずっとあこがれていたネパールに行ってきました。

人よりも神様が多い国!らしいです。

今回は前回の続きでネパール旅行2日目です。

 

ネパールは朝晩冷えるから前の晩に買った浮かれた旅行者ルックパーカーがとても役に立ちました。ぐっすり眠れました。

よかった!浮かれた旅行者ルックパーカー買っておいて。

この日の予定

この日の予定は、ナガルゴットという街に行くこと。

ナガルゴットはカトマンズからバスを乗り継ぎで2時間くらいのところにあります。

カトマンズから一番近くでエベレストが見れるポイントらしい!

ナガルゴットまで直行のバスはないから、バクタプルという街まで行ってそこでバスを乗り換えます。

バクタプルも古い街並みが残っていて、ネパールの観光地として有名な街。

ついでに観光していけば一石二鳥!!

ゲストハウスからバスのりばへ

 ローカルバスでのんびり向かうことにしました。

安いし、そっちのほうがおもしろそうだから!

ちなみにここがバスターミナル。

ゲストハウスからバスターミナルを目指します。

ゲストハウスのおねえちゃん曰く、歩いて15分ほどでいけるとのこと。

荷物を背負ってバス停に向かいます。

朝のカトマンズ、観光客向けに商売している人もいなくて、誰も私に興味を示さず、出社や買い物、自分のことをしています。

私が望んでいる街歩きはこういうの!

朝市の風景

野菜たっぷり!

広場に座り込んで色々なものを売っています。

揚げパンみたいなものも売っていました!これはほんのり甘くてあぶらっこい!

太るわ〜でも、おいしいです。

 

カトマンズおもしろい!どこ見ててもおもしろい!

15分でつくと言われた道を倍以上の時間をかけてバスターミナルにたどり着きました。

バスターミナルって言っても、行き先の看板があったりするわけではありません。

もしかしたら私が見つけられなかっただけかもしれないけど。

果物屋さんいっぱい!こんなに果物の需要はあるのか!?

バスが並んでいるので、バクタプルどれ?って聞きながらバスを探しました。

探していたバスを発見!

結構年季入っていますね。

座席はこんな感じ。結構1席ずつが狭いです。

私が乗り込んだ段階でお客は4人しかいなかったんだけど、特に乗客待つこともなく出発。

車掌さんがバスの車体をバンバン叩きながら走ります。

ちょっと進んではお客を乗せてを繰り返すから、あっという間に満員に。

最初4人しかいなかったのに・・・すでに立つ場所もありません。

それから1時間くらい経ったところで隣りに座ってたおばちゃんがバクタプルだよって教えてくれたのでそこで降りました。

バクタプル観光

とりあえずどこへ行けば?バクタプルには着いたらしいけど・・・

フラフラ歩いていたら入域料を払うゲートにたどり着きました。

ここで1,500ルピー(1,500円)を払います。

昨日泊まったゲストハウス3泊分。

物価に対して高すぎやしませんか・・・

そして、なぜか中国優遇されててイラッとしました。

チケットはこれ!紙がおしゃれ。

糸を紡いでいるみたい。

古い建物が多くて散歩が楽しい

人より神様が多い国だけど、その次はやぎかもしれない

そこら中にヤギ

ヤギ!!

ヤギ!!!

写真撮ってたら女子高生めっちゃ笑顔で入ってきた。

ネパールの女子高生、パンツスタイルですごく賢そうに見えます。

みんな仕事できそう。

バクタプルの街並みすごく好きです。

おしゃれな陶器のお土産もたくさん

バクタプルは何年か前の地震で結構ダメージを受けていて崩れているところがたくさんあったけど、この五重塔はきれいな状態で残っていました。

せっかくなので上まで登ってみます。

塔の上でお兄ちゃんに声をかけられました。

色々世間話をしたんだけど、彼の目的は私をナガルゴットまでバイクで送ること。

ネパールにはバイタクってないんだけど、勝手にバイタクやってるみたい。

「1,000ルピーでナガルゴットに送っていくよ!」

って言われたんだけど、

バスで行けば50ルピー。1,000ルピーって1,000円くらいだから別に高くはないんだけど、

「バスなら50ルピーだし。バスで行くからいいよ。ありがとう。」

「いやいや、バスなんて座るところないし頻繁に止まるから時間かかるよ。しかもバス停からホテルまで歩かないといけないけど、オレならホテルの前まで送ってやるぜ!バイクだから!」

「いや、いいよ。ありがとう。」

「わかった。じゃあ、その気になったらここに来てね。ここで待ってるから。」

「わかった!ありがとう!」

行かないけどね。

とりあえずガイドブックに書いてある見るべき場所は見て回ったから、フラフラと街を散策。

人よりも神様が多い国で、はじめて神様に会った。

この存在感・・・

歩いていたら二階からニワトリがこっちを見ていました。

奥に見えるのが、有名なクジャク窓。その手前がニワトリ窓。

クジャク窓有名らしいんだけど、ニワトリのほうが気になって仕方なかったです。

首かしげすぎポーズ。

楽しく散歩をしていたら、さっきのバイタクにばったりと会って、勝手にガイドをはじめた。

チップをくれとかそういう話をしていないのに追い払うのもかんじわるいので、うんうんって話を聞いていたら、

「よし!キミはこの街の見るべき場所を全て見た!ナガルゴットへ行こう!5分待ってて!バイク取ってくる!!!」

いやいやいや!ナガルゴット送っていくのは百歩譲っていいとして、そのタイミングは私に決めさせろよ!!

「いやだ。まだこの街見てあるきたいし」

「なぜだ!もう見るところはないよ!」

「もういいよ!案内してくれてありがとう。じゃあね」

そして走って逃げました。たぶん悪い人ではないと思うんだけど、ちょっとめんどくさかった。

逃げた先は観光地から少し離れてただただ住宅地が広がっていました。

目の周りにアイラインをひいたこども。

ネパールの子供はみんなアイラインひいてる。目がクリクリでかわいい!

バクタプル名物ヨーグルト!これがおいしいんです!

たぶんバクタプルにしかないからバクタプルにお越しの際はぜひ〜!

あとこれ!ネパールで一番おいしいかもしれないスナック!

わんこそばスタイルで食べたら追加をくれるみたい。

カリカリの生地の中に酸っぱいマリネ?みたいなものが入ってる。

これ本当においしいです!おすすめです!

バクタプルもそこそこ満喫できたので、ナガルゴットへ移動します。

バクタプルからナガルゴットへ 

ナガルゴットまではまたバスを使って移動します。

所要時間は約1時間。50ルピー。

バス停はここ!

 

乗ったバスはこんなかんじ。

かなり険しい山を登りました。

一時間ほどでバスはナガルゴットに到着。

ナガルゴットの街は本当になにもない。お土産屋さんも1件2件しかなくて、殆どがホテルやゲストハウスの宿泊施設。ゲストハウスは決めずに来たけど、雲海ホテルっていうところに泊まってる人が多いみたいなのでそこへ向かいます。雲海ホテルはバスの停留所からかなり離れているみたい。

歩いて登ります。

道の脇で一人で遊んでいる子供。というかあかちゃん。

野放しのチキン。

のどかすぎる。

標高が高いからだとおもうんだけど、すぐに息が上がってちょっと歩くとすぐに疲れた。

途中にあった食堂でごはんを食べていくことにしました。

カレースープのヌードルと、

モモ!

今日のモモは餃子型だ!!

ごはんを食べてまたホテルに向けて歩きます。

あとで知ったけどバスの停留所から雲海ホテルまで1.5kmあって、しかもほぼ全てが上り坂だった。

おとなしくさっきのバイタクに送ってもらえばよかった。

雲海ホテル到着!

部屋23ドルだった。高すぎ!!

ドミトリーもあるらしいけど、もういい歳だしここはおとなしく個室に止まることにした。

霞んでるあのへんにエベレストが見えるらしいんだけど、今日はあいにく見ることができず・・・

霞が取れるのが朝だから明日朝日にチャレンジしなよって言われた。

早起きしなくては!!

ホテルのおじさんにこのへんどこか遊ぶところある?って聞いたら、ナガルゴットには山しかないよ。って言われた。

ホテルまで来る間に色々見ていたけどうすうすそんな気はしていました!

何かを察したらしく、おじさんが近所を散歩に連れて行ってくれた。

やさしいなあ。

ホテルに戻ったらシャワーの使い方をレクチャーされたんだけど、

「いいかい?この窓を開けて常にフレッシュな空気を取り込むんだよ!忘れちゃだめだよ!」

え?なに?ガス漏れるの?

 

ネパール旅行2日目終了。

翌日ナガルゴットからチャングナラヤンという街までトレッキングをします!